相続税に対する処置や方策についてのこと!

誰に相談をするべきであるのか

相続税とはなかなか厳しい税金でしょう。折角の財産がどんどん相続によって目減りしていくことになるからです。しかし、いくらかの対策をすることができますから、まずは相談してみるとよいでしょう。その一つとしてあるのが、なんといっても弁護士事務所です。法律関係においてはとりあえず弁護士でまったく問題はないでしょう。他にも税理士、ということがあります。こちらも税務のスペシャリストですから、なかなかお勧め出来るわけです。

贈与をすることによって財産を

とにかく、非課税で財産を相続する人に事前に渡すことができれば、それにこしたことはないのです。その方法として存在しているのが贈与になります。当然ですが丸々大きな金額を贈与してしまうとそれに贈与税がつくことになるのです。これは税制上、当然のことであるといえるでしょう。しかし、抜け道的なことがあります。もちろん、これは合法なのですが、非課税枠があるのです。110万円までならば毎年、贈与を非課税で一人当たりにつき、行うことができます。

少しでも減らしておくこと

毎年、110万円となりますと10年もしておけば1100万円ということになります。子供がいる数だけそれができるようになりますから、はっきりいって、前もってかなり対策をしていれば相当にできるようになっているのです。これを知らない人が意外といますから、よくよく注意しておきましょう。出来るだけ財産を減らしておくことがベストなのです。それは浪費していく、という意味ではなく、譲り渡しておくことであり、この点は間違えないようにしましょう。

相続税の税理士に相談をすることで、納税の適切な手続きが出来るだけでなく、相続人間のトラブルを解決することも可能となります。