人は何事にも慣れ、何にでも成れる!転校をチャンスとすれば道は開ける

現在は定時制や通信制など教育環境が充実

高校は義務教育ではないため、生徒が退学をする場合も、教員はドラマのように引き留めることはあまりしません。なぜなら、高校を退学した場合も、現在は定時制や通信制など教育環境が充実しているからです。校風に馴染めない、集団生活が苦手、経済格差など高校を中退・転校する理由は様々あり、健やかな心を育む為には自分に適した環境で生活することは需要なため、退学や転校をすることが社会からドロップアウトすることには直結しません。

高校のホームページに記されている内容は、実態と乖離

高校を選択する場合に、現在はネットから情報を得る生徒が多く、高校のホームページには、校訓・部活・進学情報などが載せられています。ホームページは、私立と公立では中身の充実度が異なり、私立高校は民間企業の一面もあるため高校の売り込みにも力が入っていますが、公立高校の場合は事実を淡々と載せているに過ぎないとこがあり、私立公立ともに実際に入学してみると、ホームページで感じた印象と違うことは良くあることです。

同レベルの高校しか転校できない

少子化に伴い高校運営も大変で、優秀な生徒を確保するために、高校は部活環境の充実・希望大学へ合格させるためのフォローアップ・イジメ対策などきめ細やかサービスを提供するようになっています。高校生にとっては、都合が良い買い手市場になっていますが、国公立大など難関大に合格者を多数輩出するエリート校や幼稚園から大学までエスカレート方式の人気校は、今でも売り手市場のため、転校先にはなりづらいです。義務教育と異なり、保護者の転勤に伴って転校する生徒は少なく、転校した場合も自分に合う道を選択するよりは、自分が入れる高校を選択するのが実情です。自分に合う道を選択して前身できる優秀な生徒は、転校が障害になることはなく、かえって経験が財産になるので心配はいりません。自分に合う道が分からない生徒や決められない生徒が転校すると、問題を抱える恐れがあるので、生活指導に熱心な高校を選択することが重要になります。

親の転勤が決まった場合、引っ越しを伴い、あなたは転校する必要があります。高校を転校する場合、幼馴染や先生と離れ離れになり、寂しい思いを経験することもあります。