こんなお金もかかるの!?信用取引ならではのコストとは

信用取引には独自の仕組みがある

信用取引は株取引の規模を拡大することができる反面、空売りなども行えるようになるため、利便性が高いとして人気があります。その仕組みの本質は、証券会社などから資金や株を借りてそれを運用するという、言わば借金と同じ構造だと言えます。そのような独自の構造を持っているため、信用取引には現物取引では見られないようなコストがかかってきます。場合によってはそうしたコストもリスク要因となってしまうことがあるので、基本的なものだけでも把握しておくようにしましょう。

信用取引では金利がかかる

前述したように、信用取引は借金と同じ構造を持っています。そのため、借金した時と同じような金利がかかってきます。信用取引における金利は日割りで計算されるため、建玉の保有期間が長ければ長いほど、金利だけで多額の支払いを要求されることになりかねません。金利の支払いを少しでも軽減するために、保有期間の短縮・金利が安い証券会社で口座を開く・制度信用取引を利用するといった対策を講じるように心がけておかなければなりません。

人気銘柄の場合は逆日歩に注意!

証券会社が貸し付ける一般信用取引において、空売りが殺到するような人気銘柄の場合、逆日歩と呼ばれる追加の手数料が取られる場合があります。これは、証券会社が保有する株だけでは空売り注文に対応できず、余所から当該銘柄を借りてくる際に必要になるコストのことです。人気銘柄を空売りする場合は、この逆日歩も織り込んで損益計算をする必要があります。逆に空売りの人気銘柄を保有している場合、それを貸し出すことで逆日歩を得ることも可能です。

株の信用取引の金利が低いところを選ぶことで、コストを抑えられます。各証券会社により金利が違うので、チェックをしたうえで口座の開設をすることが必要です。