今時人気の単位制の高校って?最近進学校に導入が進んでいるのはなぜ?

単位制の高校と学年制の高校との違いは?

単位制の高校とは何かというと、一般に多い学年制の高校はクラス単位で授業を受ける方式ですが、単位制の高校は自分で受けたい授業を選択して、それぞれ授業が行われる教室に行って勉強するというシステムの高校です。また、学年制の高校は一年ごとに進級判定があるので成績が留年することもありますが、単位制の高校は卒業までに74単位を持っていれば卒業できるので留年はありません。自分で時間割を組むことができるので高校というよりは大学に近いシステムになっています。

単位制の高校は進学に有利になるのか?

近年、各地の進学校が次々学年制から単位制に切り替えているのをご存知でしょうか?自分で好きな教科を選ぶことが出来るので、将来大学で学びたいことに必要な科目を学ぶことができるというのが理由のひとつと言われています。例えば将来理工学部に行きたいから数学と理科を重点的に勉強したいと思っていても、学年制だと決められた授業を受けるしかないので3年生でも受験に不必要な社会科目を受けさせられて困るということを防ぐことができます。

単位制高校でも学校生活はあるの?

自分で授業を選ぶので、学年制高校よりも人間関係が薄くなりがちと言われることが多いです。友達ができないのでは?と心配になるかもしれませんが、しかし何もかもが個人行動という訳ではなく、HR活動や部活動、生徒会活動など、交流する機会はたくさんあります。学校生活をサポートしてくれる担任もいるので、学年制と同じように賑やかな人間生活を送れます。このように単位制高校は自分のやりたいことがあれば向いている高校といえるでしょう。

単位制高校を賢く利用することで、学びたい内容をしっかりと習得でき、進路を選ぶうえでも大きな役に立ちます。