介護職員初任者研修を受講する!これが介護職員になる初めの一歩

現行の研修制度はどのようなものなのか

介護職を目指す人は、まず介護職員初任者研修を受講して修了しなければなりません。ここで何を学んでいくかというと、施設、あるいは在宅で行う介護の基本的な知識や技術を知り、実践できるようにしていくというものです。自分の考えだけで介護を行うのではなく、指示を守りながら介護業務を行っていくことになります。そこから実務者研修を受け、介護福祉士を目指していくわけですが、介護福祉士は介護を受ける人の状態を的確に把握したり、また他の職種との連携を取っていくことから、さらに深い知識や技能の修得が求められます。

なぜ今のような制度になったのか

以前は、ホームヘルパー2級という講座がありました。これが現行の介護職員初任者研修にあたっています。前はホームヘルパー2級の人が介護福祉士にそのままなるケースがあったり、ホームヘルパー2級から1級になり、介護職員基礎研修を修了して介護福祉士になる人もいるなど、キャリアパスが定まっておらず複雑な体系でした。けれども、介護職員のニーズは高まっているため、よりわかりやすい制度にしていく必要があったのです。

介護職員初任者研修をスタートにしたキャリアパス

介護職のキャリアパスを明確に打ち出すことで、いろいろな資格を得るための国家試験の受験時期も以前とは変わってきています。専門の学校の卒業生は、国家試験に合格しないと介護職にはつけません。また、以前の介護職員初任者研修では講習を受けるだけでしたが、現行では修了試験が課せられます。ただし、再試験もあるのでまじめに受講していれば合格できます。介護職につく第一歩ともいえる介護職員初任者研修をきちんと受けることからすべてが始まります。そして介護福祉士、やがては認定介護福祉士へと続く道を歩んでいくことになるのです。

介護職員初任者研修を受講することで、就職がしやすくなります。福祉施設や病院などで働きたいときには、こういった資格を取ることが第一歩です。